報徳学園中学校・高等高校少林寺拳法部
HOUTOKU GAKUEN SHORINJI KEMPO CLUB

NEWEST 前の記事>>

部員募集!新入生大歓迎2

 皆さん、おはようございます。今日も報徳学園少林寺拳法部ホームページにお立ち寄り下さいましてありがとうございます。4月11日(月)、報徳学園でも新入生と在校生の対面式、そして始業式が行われます。そこで今日は中学生部員が新入生歓迎、そして部員募集のメッセージをお届けします。

 それではまず中学主将の吉田君です。

中学3年主将 吉田良佑


 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。私たち少林寺拳法部は心と体を共に鍛えており練習は仲間と共に頑張っています。
 練習の中にある技を学ぶ練習はいろんな技があり全部楽しく驚く技ばかりです。今いる部員はほとんどが経験者ではなく未経験者ですが仲間と共に成長しているので中学からでも大会で良い成績を残しています。
 少林寺拳法に少しでも興味を持った人、何か面白い事を学びたい人、損することは絶対にないのでぜひ少林寺拳法部来てみてください。初心者も経験者も大歓迎です!


 続いて副将の生田君です。


中学3年副主将 生田悠陽

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
 私たち少林寺拳法部では心や体を鍛え、先輩、後輩と共に楽しく練習をしております。
 今、この少林寺拳法部では経験者が少なく、未経験者で入部している人が多いです。しかも、中学生、高校生どちらも大会で良い成績を残しています。
 少林寺拳法に興味を持った人、心と体を鍛えたい人、全く損したりすることがないので、経験者、未経験者、是非この少林寺拳法部に来てみてください。

 ありがとうございました。最後に、大西先生作成の盛りだくさんな部員募集ポスターを紹介します。
  ⇒ 部員募集ポスターはこちらです。

| キラリ輝く部員のブログ | 06:21 AM |

部員募集!新入生大歓迎。

 皆さん、おはようございます。今日も報徳学園少林寺拳法部ホームページにお立ち寄り下さいましてありがとうございます。4月8日(金)、桜が満開の中入学式が行われ、中・高共に新入生を迎えました。少林寺拳法部にもたくさんの新入生が入ってくれるとうれしいですね!そこで今日のブログでは、部員からの新入生歓迎のメッセージをお伝えします。
 それではまず高校主将の鍬田君です。

高校3年主将 鍬田由典

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。報徳学園少林寺拳法部は創部50年という長い歴史があります。少林寺拳法では仲間と共に練習することで突き蹴り等の技術を高めあうことが出来ます。それだけでなく、常に他人を思いやる気持ちや礼儀など大切なことをたくさん学ぶことができます!
 また、中高合わせてたくさんの部員が日々道場で練習をしていますが、そのほとんどが未経験者でした。ですが顧問の先生、コーチの方々などのご指導のおかげで全国大会出場を果たしています。初心者・経験者問わず報徳学園少林寺拳法部で、心身共に強くなりましょう!

 鍬田主将、ありがとうございました。続いて高校副将の太田君からのメッセージです。

高校3年副将 太田裕介

 創作和太鼓、新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。私たち少林寺拳法部は中学生・高校生ともに一生懸命練習に励んでいます。練習は胴、ミット打ち、技術練習、演武練習など様々な練習があり、心と体を共に鍛えています。また毎年文化祭で発表する創作和太鼓「報徳少林寺乱武留魂太鼓(ほうとく しょうりんじ らんぶ りゅうこんだいこ)」にも取り組んでいます。今いる部員は少林寺拳法を経験したことがなかった人がほとんどです。少林寺拳法に少しでも興味を持った人、何か新しいことに挑戦したい人、初心者も経験者も大歓迎です!

 鍬田君は少林寺拳法経験者、太田君は未経験でした。ふたりとも入学以来3回の全国大会に出場し、常に上位の成績を収めています。二度とない中学・高校時代、明るく、礼儀正しい仲間と供に少林寺拳法部で完全燃焼しませんか!新入生の皆さん、心からお待ちしております。

 それでは皆さん、今日もご安全に、そして健やかにお過ごし下さい。 Stay safe and have a nice day!

 

| キラリ輝く部員のブログ | 06:04 AM |

少林寺拳法部紹介

 皆さんこんにちは。今日も報徳学園少林寺拳法部ホームページにお立ち寄り下さいましてありがとうございます。今日のブログでは、少林寺拳法部の紹介として、いくつか私達のお気に入りを、つまり報徳少林寺自慢話をお伝えします。どうぞ最後まで見ていただくと嬉し〜で〜す。それでは、スタート!

私のおすすめ練習
高校主将 久保翔太

 私の報徳少林寺拳法部のおすすめの練習は二人一組で行う、胴練習です。胴練習では、主にパワーアップや、スピードアップを身につける為に練習しています。大会の演武練習の時にも胴練習を意識する事で、演武に迫力がでて、素晴らしい演武になります。なので私は胴練習の時に一つ一つの突きや蹴りを全力でするように意識しています。


僕のおすすめする練習
中学主将 渡邉聡太

 僕のおすすめする練習は、顧問の金澤先生とマンツーマンで行うパンチングミットです。
パンチングミットは、主に突きの威力アップや、スピードアップ、正確な位置に攻撃することなどを練習します。
 僕は、このパンチングミットが一番成長を感じられる練習だと思っています。僕は、中学校一年生の時からこの練習をしていますが、初めてやった時は、10回中2,3回くらいしか、突きが当たりませんでした。しかし、練習を続けていると、だんだん突きが当たってきて10回のうちほとんどが威力のある突きができるようになりました。
 このように、初めはなかなか上手くできなくても、努力を続けていると必ずできるようになると考えています。
 武道経験がない人でも必ず努力すれば上手になります。ぜひ、道場に足を運んでみてください。


報徳少林寺拳法の名物
高校2年 小川悠斗

 生活で最も大切な小部屋は何だと思いますか。僕が思うのにはトイレだと思います。
 もしそのトイレが少し汚れていたら、苦だとは思いませんか?できるなら綺麗な場所を使いたいと思う人がほとんどです。今、この時期で、衛生面でも気にする人は多いです。報徳少林寺拳法のトイレは衛生面でも良く機能性としてもかなり評価は高いです。寒い冬に座っても便座は暖房便座で、おしりはhot!気持ちもホッとします。温水できれいに洗ってくれる、洗浄機能付きトイレです。僕も使っていて気持ちいです。
 生活するとしてはかなり良く、練習するにしてもモチベーションも上がり、かなり良いものになります。これらをふまえて報徳少林寺拳法をおすすめします。
 もし少林寺拳法に少しでも興味があればぜひ見学に来てください。いつでもどなたでも歓迎します!



指導者の充実度
高校副将 中村謙吾

 私たち少林寺拳法部は創部約50年という長い歴史を持ち、数多くの実績を持つ金澤先生、大西先生のご指導のもと、毎日汗を流しています。今いる部員の多くが中学、高校入学後に始めた未経験者です。
 しかし、顧問の先生、コーチの方々の確実且つ適切なご指導のお陰で、多くの部員が全国大会出場を果たすことが出来ました。経験者、未経験者問わず、気になった方は是非、道場に足を運んでみて下さい。お待ちしています。


世界で唯一のサンドバッグスタンド
監督 金澤智章

 報徳学園少林寺拳法道場には、二つの大きなサンドバッグスタンドがあります。まるでクレーン車のアームのような支柱に極太のH鋼が水平に突き出しています。しかもこのスタンドは、道場建設の時に見ましたが、コンクリート基礎から立ち上っていて、決して壊れることはないと思います。部員たちによく話すのですが、「爆弾が落ちて道場が吹っ飛んでもこのサンドバッグスタンドは生き残る!」と。
 更に、写真奥のサンドバッグは道場完成の時、OB会から寄贈されたものです。本革製のすごいサンドバッグです。
 手前のサンドバッグは兄弟で報徳学園に通った津高君のお父様より譲り受けたものです。津高君は真面目でクラブは野球部でした。
 この世界一強いと言えそうなサンドバッグをたたいてみませんか。蹴りを入れてみませんか。ここでしか出来ませんよ!少林寺拳法部に入りましょう!
 しかし、こういった設備も自慢の種ですが、OB会や津高君のお父様のように、多くの方が支えて下さると言うことです。これがもっと大きな自慢です。支えてくれる人、応援してくれる人が多いこと。これこそ自慢です。このことはまた別の機会にお話ししたいと思います。
 そして何よりの自慢は、真面目で楽しい部員たちです。「ブログを書くぞ!」と呼びかけるとこのようにサッと書いてくれます。厳しい練習にも真正面から取り組みます。こんな部員たちが我が部の自慢であり、財産です。

 如何でしたか、報徳少林寺自慢話は?今日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。それでは皆さん、お元気で。そしてご安全に。Stay safe and have a nice day!





| キラリ輝く部員のブログ | 07:46 PM |

新入生の皆さんを心より歓迎します!

 皆さん、こんにちは。今日も報徳学園少林寺拳法部ホームページにお立ち寄り下さいましてありがとうございます。4月も半ばを過ぎましたが、今日、報徳学園ではやっとクラブ紹介がありました。
 中学生、高校生とも一人でも多くの新入生に少林寺拳法部の良さを知っていただき、そして入部していただきたいと思います。そこで主将の久保君と副将の岡本君が新入生へのメッセージを書いてくれました。

高校3年主将 久保翔太

 報徳学園の少林寺拳法部は創部約50年の歴史があります。胴練習やミット練習、技練習など様々な練習があり、体と心を共に鍛える事が出来ます。少林寺拳法部に入部すると自分の成長が実感できる良いチャンスです!経験者・初心者問わず大歓迎です!

高校3年副将 岡本拓己

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。僕たち少林寺拳法部は、中学生・高校生が一緒に練習していて、心身ともに成長するために日々一生懸命練習に取り組んでいます。また報徳少林寺拳法部オリジナルの創作和太鼓「留魂太鼓」にも取り組んでいます。少しでも少林寺拳法をしてみたいと思っている人は初心者も経験者も、だれでも大歓迎です!僕たちと一緒に素晴らしい学園生活を過ごしませんか?

 中学1年生はすでに2人が入部届を提出しています。さあ、皆さん、二度とない報徳学園での生活を、少林寺拳法部でより充実したものにしましょう!まずは見学だけでも構いません。道場でお待ちしております。

| キラリ輝く部員のブログ | 10:11 PM |

応援メッセージ、ありがとうございました!

 皆さん、こんばんは。今日も報徳学園少林寺拳法部ホームページにお立ち寄り下さいましてありがとうございます。今日のブログでは先日ボクシングのプロテストに合格した福田君からお礼のメッセージが届きましたので紹介します。是非再ごまcでお付き合い下れば、嬉しいです。それでは、スタート!

高校3年福田翔太

 この度は私の為に沢山の応援メッセージを頂きありがとうございます。おかげさまで1月17日に行われたボクシングのプロテストを無事合格する事ができました。
 コロナ禍の中であまり練習が出来ないなかでしたが、皆さんの応援があったからこそ一回一回の練習を大切にし、良い緊張感を持って練習に取り組む事ができました。そして今まで部活とボクシングの両立を認めてくれ、応援してくださった顧問の先生方、休む事が多く迷惑をかけたけど最後まで優しい目で見守ってくれた仲間達、外部の応援してくださった方々には本当に感謝しています。ありがとうございました。
 それでは、プロテストではなにするの?という方もいらっしゃると思うので少しプロテストについて話そうと思います。
 プロテストでは筆記試験と実技試験が行われます。
 筆記試験では主にルールの確認とその他プロとしての意識の確認です。
 実技試験では1ラウンド2分30秒のスパーリングを2ラウンド行います。実技試験は勝ち負けではなくパンチの手数、フォームそしてフットワークなどの基礎体力などが見られます。
 以上2つの総合評価で合否が決まります。
 これからはプロとしての意識を持ち、恥じぬよう生き、そして少林寺拳法部で学んだ教えなどこれからの人生に活かしていこうと思います。試合も出場していこうと思うので宜しければ是非応援よろしくお願いします。

 よろしくお願いします!


 以上、福田君のメッセージでした。皆さん、福田君に是非とも暖かいご声援を送って下さい、お願いします。
 まだまだ新型コロナウィルス感染症の勢いが収まらず、不安で不便な日常が続きますが、どうぞお体にお気をつけられ、充実した日々をお過ごし下さい。Stay home and safe. Have a nice day!

| キラリ輝く部員のブログ | 09:55 PM |

強化練習会

 皆さんおはようございます。今日も報徳学園少林寺拳法部ホームページにお立ち寄りくださいましてありがとうございます。今日のブログでは強化練習会に参加した部員の感想や今後の練習に対する決意などをお届けします。
 今年は新型コロナウィルス感染症の影響で例年の強化合宿が行われず、宿泊を伴わない強化練習会が9月21日(月・祝)、9月27日(日)、10月4日(日)と、三週間にわたって行われております。10月4日(日)に第3回目の練習会がウインク武道館で行われますが、第2回を終えた時点でのブログです。最後までお付き合いいただければ嬉しいです。

高校2年 中村謙吾

 20日、27日と幹部合宿に代わる、強化練習会に参加させていただきました。兵庫県の同年代の高校生が集まるということもあって、とてもワクワクしていました。10月4日に最後の強化練習会があるので、気を緩めず、全力で取り組みたいと思います。
 先日の強化練習会では、上中二連突きでの姿勢、蹴りの姿勢など、次に私が出場する単独演武でも大きなカギとなる姿勢を意識した練習をしました。そして、最後のトレーニングの時間にミット蹴りをしました。普段から報徳学園での練習でやっていた為、他の生徒より出来たという実感がありました。前で皆んなの手本となった時に、やり終わった後拍手が起こり、自分自身が嬉しかったというのと同時に、数日前まで他人同士だった私たちの心が繋がった、という喜びがありました。
 来週の最後の練習で悔いの残らないように取り組みたいと思います。


高校鞠 鍬田由典
タイトル 「強化練習会感想」

 新型コロナウイルスの影響により、例年であれば合宿という形で行われていた強化練習会も今年は3日間に分けて練習するという形で行われました。僕はまだ1年生ですが、今回の練習会に参加させて頂きました。他の学校からもたくさんの拳士、先生方が来られていて、いつもとはまた違った環境で練習することが出来ました。
 今回の練習会では多くのことを学ぶことができたと思います。1つ目は幹部の拳士としてのあり方です。それぞれの学校を引っ張っていく立場になっていく上で、もっと元気よくしていかなければいけないと思いました。主に返事の声や気合い、移動の駆け足などです。たくさんのご指摘を頂いたので実行していきたいです。
 2つ目は技術の部分です。先生方には技や基本練習でのポイントなどを教えていただきました。先生方によって教え方も違っていたりもしていたのでそこも、勉強になりました。
 トレーニングの時間はとてもキツかったものもありましたが、自分たちを含め多くの拳士がお互いを応援しあって頑張っていけたので良い雰囲気だったと思います。
 今回の強化練習会に参加させていただきとても有意義な時間を過ごすことが出来たので良かったと思います。


高校2年 久保翔太
 僕は9月27日に強化練習会に参加させていただきました。今回の強化練習会はコロナの影響もあり、合宿ではなく週に1日の練習を3日することになりました。初めての強化練習だったので少し緊張していたのですが、先生方や拳士達も元気があり、特に後半からは人数が増え、とても活気のある練習になり僕も頑張ろうという気持ちになりました。
 技の練習では他の学校の先生に指導していただきました。先生によって色々な考え方があり、初めて知った事もたくさんありました。その色々な考え方もどちらが正解ということではなく、どの考えにも目的や、意味があるので色々な先生方の教えを吸収していく事が大切だと思いました。
あと1日強化練習会があるのでその強化練習会でも先生方に教えていただいたことを自分のものにして、後輩などにも伝えていけたらいいなと思いました。


高校2年 岡本拓己

 強化練習会で、他の学校と自分の学校と違うところがあってすごく勉強になりました。技のやり方や足の動きなどが少し違ったり、他の先生方の教え方がそれぞれあって、良いところをたくさん吸収でき、いろいろ学べました。
 そしてどの先生方にも注意されたところがあって、気合を出すのが遅い、当てる瞬間に気合を出してと言われました。気合のタイミングは金澤先生にも何回か言われていたのに直っていなかったのは僕の意識が足りなかったなと思いました。なのでこれからは意識しながら気合を出していきます。


 以上部員のブログでした。10月4日(日)には、報徳学園少林寺拳法部創設者で我が師匠の位田隆久先生が講義をして下さいます。どういったお話をしていただけるのか、とても楽しみです。少しだけ予告しますと、「食に関すること」にも触れていただきます。講義や練習の内容は部員たちが伝えてくれると思いますので、また、お立ち寄りいただければ最高に嬉しいです。
 今日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。それでは皆さんどうぞ良い週末をお過ごし下さい。 Stay safe and have a nice weekend!

| キラリ輝く部員のブログ | 05:53 AM |

NEWEST TOP 前の記事>>

HOME

PROFILE

CALENDAR

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

<<前月 2022年05月 次月>>

SEARCH

NEW ENTRIES

■ 監督からのメッセージ (155)

■ キラリ輝く部員のブログ (50)

■ 大会記録 (98)

■ 報徳少林寺乱武留魂太鼓 (7)

■ 年間行事予定 (26)

■ その他 (25)

ARCHIVES

■ 少林寺拳法とは

■ 少林寺拳法リンク

■ 報徳学園

■ 報徳学園リンク

■ 部の沿革

■ 大会記録

■少林寺拳法部連絡板

■ ファイル置き場

OTHER

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん)
Desind by JiA Sales Promotions