報徳学園中学校・高等高校少林寺拳法部
HOUTOKU GAKUEN SHORINJI KEMPO CLUB

NEWEST <<次の記事

伊丹ラグビースクール会長垂先生追悼会



 伊丹ラグビースクール会長垂先生が昨年亡くなられ、3月2日(日)午後5時より伊丹シティーホテルで追悼の会が行われ、乱武留魂太鼓を披露した。これは同スクール校長北薗浩良先生より報徳学園中学校副校長で報徳学園高校ラグビー部監督の西條裕朗先生を通して依頼をいただいていたことによる。
 北薗先生は報徳学園ラグビー部OBで、以前のラグビー部監督前田豊彦先生が亡くなられたときに、同じく追悼の乱武留魂太鼓を見て大変感動され、「今回も是非あの感動を!」との思いで依頼なされた。
 修学旅行で高校2年生が不在の中、高校1年生4名、高校3年生2名、そしてOB3名の編成であったが、大変素晴らしい太鼓を披露してくれた。初めて太鼓に取り組む部員もいるので不安もあったが、高校1年生は全体練習の他に2週間毎日昼休みに打ち込みをして力をつけた。



 追悼会においては司会者の「以上で献花を終了します。」のことばに続いて「どぉ〜ん」と会場を揺るがす始まり太鼓。曲が進むにつれて太鼓を打つ手に力が加わり、参列者も固唾を飲んで見守っている。















 合掌礼で単独演武が始まり、組演武、三人掛けと次々と繰り広げられる乱武。



























 最後は報徳拳林会の佐藤君と中田君の組演武。二人は祭壇に向かって合掌礼。その後は相対礼から迫力満点の有無を言わさぬ乱武が展開された。そして再び祭壇に向かってていねいな合掌礼、故人を偲ぶにふさわしい乱武を披露してくれた。

 

 すべての曲が終わって合掌礼をしたとき、170人を超える参列者から大きな拍手が起こった。北薗先生の期待にも何とか応えることができたのではないだろうか。
 垂先生のご冥福を心からお祈り申し上げます。また、太鼓メンバーの皆さんには、素晴らしい太鼓を披露してくれたことに心から感謝します。合掌。

* 会の模様については、乱武留魂太鼓のスライドショーを含めて伊丹ラグビースクールホームページに掲載されております。同ホームページのURLは次の通りです。

  http://www.itami-rs.jp/

創作和太鼓メンバー
 高校1年生 
  佐川拳太郎 渡辺 龍 津馬清志郎 中条一樹

 高校3年生
  多養亮平 伊藤之将

 大学生
  枡谷興介

 報徳拳林会
  佐藤史典 中田勇輝
続き▽

| 報徳少林寺乱武留魂太鼓 | 09:45 AM |

NEWEST TOP <<次の記事

HOME

PROFILE

CALENDAR

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

<<前月 2022年08月 次月>>

SEARCH

NEW ENTRIES

■ 監督からのメッセージ (155)

■ キラリ輝く部員のブログ (50)

■ 大会記録 (103)

■ 報徳少林寺乱武留魂太鼓 (7)

■ 年間行事予定 (26)

■ その他 (25)

ARCHIVES

■ 少林寺拳法とは

■ 少林寺拳法リンク

■ 報徳学園

■ 報徳学園リンク

■ 部の沿革

■ 大会記録

■少林寺拳法部連絡板

■ ファイル置き場

OTHER

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん)
Desind by JiA Sales Promotions