報徳学園中学校・高等高校少林寺拳法部
HOUTOKU GAKUEN SHORINJI KEMPO CLUB

NEWEST

2010年報徳まつり

 

と き:2010年5月16日(日)12:00(正午)
ところ:ノボテル甲子園

「報徳少林寺乱武留魂太鼓(ほうとく しょうりんじ らんぶ りゅうこん だいこ)」の一声と共に、重々しく太鼓が鳴り響き、一人また一人と立ち上がってやがて全員で叩く太鼓のリズム。どんどんスピードアップして会場全体が揺れんばかりの迫力で進んでいく創作和太鼓。
 恒例の報徳学園同窓会「報徳まつり」で少林寺拳法部伝統の創作和太鼓「報徳少林寺乱武留魂太鼓」を披露する機会に恵まれました。少林寺拳法部員はこの日に向け毎日創作和太鼓に取り組みました。新校舎建設に伴い、太鼓の練習場所であった小講堂が使用できなくなり、体育館のステージに場所を移して練習してきました。しかし、体育館はバレーボール部とバスケットボール部が熱心に練習しているので、色々とご迷惑をかけながらの練習となりました。練習時間を十分に確保できないので、毎日昼休みにも太鼓の練習をしました。その甲斐あって、報徳学園創立100周年を来年に控えて多くの同窓生がご出席の中、「報徳まつり」では迫力満点の創作和太鼓を披露することができました。





創作和太鼓メンバー
河野北斗、土田 樹、村田 瞭、中村建太、瀧井颯人、村上弘樹、松峰 基、木谷巨成、岡本光治




 毎度のことですが、太鼓の運搬は卒業生の佐藤史典さんにお願いしております。本日も貴重は休日を返上してのお手伝い、本当にありがとうございます。

| 報徳少林寺乱武留魂太鼓 | 09:51 PM |

報徳祭2008



 10月25日(土)、26日(日)に「真心」をテーマとして、報徳祭2008が開催されました。従来学園祭と呼んでいましたが、今年から「報徳際」に呼称を統一することになり、新たな出発を感じます。
 そんな中、今回少林寺拳法部では、展示と創作和太鼓のステージ発表に取り組みました。
 展示は生徒の技の写真を中心に取り組みましたが、やや準備不足でかなり殺風景なのもになりました。しかし、昔を思い出し、ご来場くださった方々の前で部員が交代で司会をし、少林寺拳法の技を披露しました。中学1年郷覆寮古未ら高校2年生まで、全員技の写真を撮って展示し、展示会場で自分の写真と同じ技を実際にやってみるという試みでした。皆さん、暖かい拍手を送ってくれました。誠にありがとうございました。
 ステージ発表では例年通り創作和太鼓「報徳少林寺乱武留魂太鼓)ほうとく しょうりんじ らんぶ りゅうこんだいこ)」を披露しました。



 両日ともたくさんの人にご覧いただき、部員も力一杯太鼓を叩き、技を掛け合い、立派なステージになったと思います。
 乱武流魂太鼓はあくまでも自分たちが修行してきた成果を発表するものです。従って、拍手や歓声を求めるのは本来の姿ではありませんが、特に26日(日)は、観客の皆さんから自然と拍手が起こり、部員がそれに応えてさらにパワーアップするという感じで、会場全体が一体なっていました。
 報徳学園の生徒の皆さん、保護者の皆さん、地域の皆さん、そして、県内外の中学・高校・大学少林寺拳法部の皆さん、多くのご来場とご声援、誠にありがとうございました。合掌。

| 報徳少林寺乱武留魂太鼓 | 08:11 AM |

報徳祭、創作和太鼓

 10月26日(日)、報徳祭(報徳学園の学園祭)で本校少林寺拳法部伝統の創作和太鼓「報徳少林寺乱武留魂太鼓(ほうとくしょうりんじらんぶりゅうこんだいこ)」をステージ発表します。高校3年生にとっては報徳学園少林寺拳法部における活動の締めくくりとなる卒業発表として行います。
 そして今回は初めて、中学生もメンバーに加わって発表します。これまでこの創作和太鼓は高校生だけで行っておりましたが、技術的にも体力的にもかなりレベルの高い中学生が育って来ましたので、彼らも高校生と共に創作和太鼓に取り組みました。
 また、来年は兵庫県で第36回全国高等学校少林寺拳法大会が開催され、この大会でも「報徳少林寺練武留魂太鼓」を発表する機会をいただけそうです。
 中学生も含め、創作和太鼓のメンバーは全国大会での発表も視野に入れて全力で練習に取り組んでおります。
 10月26日は報徳祭一般招待の日で、どなたでも入場可能です。お誘い合わせの上、多数ご来場賜りますようご案内申し上げます。

 場所:報徳学園小講堂
 時刻:12:35開始
 創作和太鼓メンバー
  高校3年生;小南貴洋、五島有規、山中裕人
  高校2年生:佐川拳太郎、渡辺 龍、津摩清志郎、中条一樹、真田幸智
  高校1年生:河野北斗
  中学3年生:中村建太
  中学2年生:相川 壤

 なお、報徳祭は10:00〜14:00です。体育館ではバサーも行われます。
 

| 報徳少林寺乱武留魂太鼓 | 09:24 PM |

伊丹ラグビースクール会長垂先生追悼会



 伊丹ラグビースクール会長垂先生が昨年亡くなられ、3月2日(日)午後5時より伊丹シティーホテルで追悼の会が行われ、乱武留魂太鼓を披露した。これは同スクール校長北薗浩良先生より報徳学園中学校副校長で報徳学園高校ラグビー部監督の西條裕朗先生を通して依頼をいただいていたことによる。
 北薗先生は報徳学園ラグビー部OBで、以前のラグビー部監督前田豊彦先生が亡くなられたときに、同じく追悼の乱武留魂太鼓を見て大変感動され、「今回も是非あの感動を!」との思いで依頼なされた。
 修学旅行で高校2年生が不在の中、高校1年生4名、高校3年生2名、そしてOB3名の編成であったが、大変素晴らしい太鼓を披露してくれた。初めて太鼓に取り組む部員もいるので不安もあったが、高校1年生は全体練習の他に2週間毎日昼休みに打ち込みをして力をつけた。



 追悼会においては司会者の「以上で献花を終了します。」のことばに続いて「どぉ〜ん」と会場を揺るがす始まり太鼓。曲が進むにつれて太鼓を打つ手に力が加わり、参列者も固唾を飲んで見守っている。















 合掌礼で単独演武が始まり、組演武、三人掛けと次々と繰り広げられる乱武。



























 最後は報徳拳林会の佐藤君と中田君の組演武。二人は祭壇に向かって合掌礼。その後は相対礼から迫力満点の有無を言わさぬ乱武が展開された。そして再び祭壇に向かってていねいな合掌礼、故人を偲ぶにふさわしい乱武を披露してくれた。

 

 すべての曲が終わって合掌礼をしたとき、170人を超える参列者から大きな拍手が起こった。北薗先生の期待にも何とか応えることができたのではないだろうか。
 垂先生のご冥福を心からお祈り申し上げます。また、太鼓メンバーの皆さんには、素晴らしい太鼓を披露してくれたことに心から感謝します。合掌。

* 会の模様については、乱武留魂太鼓のスライドショーを含めて伊丹ラグビースクールホームページに掲載されております。同ホームページのURLは次の通りです。

  http://www.itami-rs.jp/

創作和太鼓メンバー
 高校1年生 
  佐川拳太郎 渡辺 龍 津馬清志郎 中条一樹

 高校3年生
  多養亮平 伊藤之将

 大学生
  枡谷興介

 報徳拳林会
  佐藤史典 中田勇輝
続き▽

| 報徳少林寺乱武留魂太鼓 | 09:45 AM |

NEWEST TOP

HOME

PROFILE

CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

<<前月 2018年12月 次月>>

SEARCH

NEW ENTRIES

■ 監督からのメッセージ (104)

■ 大会記録 (70)

■ 報徳少林寺乱武留魂太鼓 (4)

■ 年間行事予定 (26)

■ その他 (23)

ARCHIVES

■ 少林寺拳法とは

■ 少林寺拳法リンク

■ 報徳学園

■ 報徳学園リンク

■ 部の沿革

■ 大会記録

■少林寺拳法部連絡板

■ ファイル置き場

OTHER

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん)
Desind by JiA Sales Promotions