報徳学園中学校・高等高校少林寺拳法部
HOUTOKU GAKUEN SHORINJI KEMPO CLUB

NEWEST

キラリ輝く部員のブログ

 皆さん、おはようございます。今日も報徳学園少林寺拳法部ホームページにお立ち寄り下さいまして、ありがとうございます。
 先日39県で新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されましたが、調査によると残る8都道府県でも人出が増加傾向にあるそうです。ここ西宮は兵庫県に位置し、緊急事態宣言は解除されておりません。報道によりますと、西村康稔経済再生担当相は「あちこちで気の緩みが見られ、大変心配している」と引き続き自粛を求めたそうです。日曜日ではありますが、ステイホームで楽しいお時間を!
 そこで在宅の時間確保に貢献、ということでもありませんが、今日は一気に4人の「キラリ輝く部員のブログ」をお届けします。それでは、スタート!


タイトル 「宗道臣デーについて」
中学2年 渡邉 聡太

 自粛中いかがお過ごしでしょうか。僕は、オンライン授業が始まって5日がたち普段の授業とは違いzoomの画面を通して先生方やクラスメイトとつながっていて今までとは違った授業方法で慣れない部分もありますが楽しく授業を受けています。本日は5月の1ヶ月間を指す「宗道臣デー」についてお話しできたらなと思います。
 「宗道臣デー」とは開祖 宗道臣先生の命日が5月12日ということから、毎年5月の1ヶ月間を「宗道臣デー」として全国の拳士や保護者、関係者の方々も一緒になって宗道臣先生の志を様々な形で実践する全国的な活動なのです。
 今、コロナウイルスの影響で外で活動ができない状況なので全国に発信できなくても家の掃除などが自粛中でもできることを見つけて来年の「宗道臣デー」に向けて活動していきたいです。


タイトル 「失ってはじめてわかるもの」
3年A組 西 隼人

 報徳学園では2月28日から休校が続いている。部活を除くと、一回だけ登校日があったが、そのほかはすべて中止になっている。最初は休校についてすごく軽率な考えで、「やった、休校だ。」という思いがあった。当時の担任の先生が、「ここで騒いだらダメだ、なぜなら病気で苦しんでる人や亡くなられる人もでいるんだぞ」と言っていたが、その時も僕はあまり深く考えようとすらしなかった。
 しかし、いざ休校が始まると、授業や部活があるわけでもなく、ものすごく一日が長く感じた。勉強して、歩きに行く、ランニングをする、の生活が続いた。生活リズムはその時はある程度守ることができていたが、長続きはせず、4月の緊急事態宣言が出たことによる休校期間に入った途端、生活リズムが一気に崩壊して、深夜まで起きていたりすることが多々あった。
 5月に入ってもまだ休校期間は続き、学校に行かない、外にほとんど出ないという生活にかなりストレスを感じるようになった。初めは学校に行かなくていいなどと馬鹿馬鹿しい考えをもっていたが、しかし、休校が続くとそんなことはなく、むしろストレスが増えた。この時初めて、学校を行くことの大切さを痛感した。
 最近はオンライン授業やオンライン部活動が始まったとはいえ、それでもランニングなど以外は家の中にこもったりすることが多いから現状はあまり変わらない。いつも日常だと思っていた生活を途端に失うと、その日常が日常じゃなくなり、その日常だった生活の大切さを思い知った。


 ここで、大西先生の西君への一言です。「新学年になってすぐに休校になってしまい、ストレスや不安な気持ちもあるかと思いますが、明るくポジティブに気持ちを切り替えて頑張っていきましょう!学校が始まると後輩がいます。後輩たちは西君の頑張る姿をみて育ちます。是非、見本になる素晴らしい先輩にられるように、この休校期間に成長して欲しいと思います。」
 ブログが完成すると、大西先生はいつもこのように励まし、応援の一言をそえてくれます。


タイトル 「5月12日について」
高校2年 久保翔太

 今回は5月12日の「宗道臣デー」について調べました。小学生の頃から「宗道臣先生が少林寺拳法を創始された方だ」ということは知っていました。しかし宗道臣先生の1つの真理を悟った「人、人、人、すべては人の質にある」という言葉を高校生に入って初めて知り、深く心に残りました。
 宗道臣先生は、慈悲心と勇気と正義感の強い人間を育てる以外に平和な世の中をつくる事が出来ないと考え、少林寺拳法を創始されました。そして5月12日は宗道臣先生の命日なのです。5月中は「宗道臣デー」として宗道臣先生の志を様々な形で実践する社会貢献の活動期間としています。これは全国的なことであり拳士が協力しあい、交通安全啓蒙運動や清掃活動など実施しています。
 僕も中学生の頃、「宗道臣デー」ではありませんが公園のゴミ拾いや草むしりなどの清掃活動を先生とした事があります。このような行動は自分の心も磨かれ、そして少しでも地域のためになるんだなとその時に感じました。これからも宗道臣先生の教えや志を忘れず、日々練習に励みたいと思います。


タイトル   「宗道臣デー」
高校1年 鍬田由典

 先日の5月12日は開祖 宗道臣先生が亡くなられた日です。少林寺拳法では開祖が亡くなられた5月、社会へ向けた実践活動をする日として「宗道臣デー」といいます。社会への奉仕活動は、開祖の説かれた教えの実践の一つです。
 僕は正直、「宗道臣デー」という日があるというのは知っていましたが、その他のことは全く知りませんでした。今回、色々調べたりして自分でも「何か実践してみよう」と考え、以前にこのブログで書いた「作務」を実践しました。
いつもは母親がしている家事などを自分が率先して行いました。全てを終えたあとはとても疲れましたが、それと同時に母親はいつもこんなにしんどいことをしてくれているんだと思いました。また、今回の活動を通じて、いつもはしていないことを身をもって経験することによってそこに感謝の気持ちを持つことが出来るんだと分かりました。今年は外出自粛が続く中で、部活全体では出来ませんでしたが来年こそはなにか出来ればと思います。
「宗道臣デー」を通して人に対して「何かしたい、してあげたい」と思う気持ちを行動で表す良い機会になりました。

 鍬田君は1年生なので、このように私からコメントしました。
 「宗道臣デー」、一人で実施してくれたのですね。素晴らしいです。来年は是非とも部全体で行いましょう。そして、今から何をするべきか、心の中で暖めておいて下さい。来年良いアイデアを出してくれると嬉しいです。

 今週は5月12日を挟むと言うことで、多くの部員が「宗道臣デー」に関して勉強し、それぞれの工夫で、不自由ながらも実践を試みました。意義ある1週間だったと思います。来年は本当に皆で「宗道臣デー」に取り組みたいです。
 今日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。明日も「キラリ輝く部員のブログ」をお届けします。どうぞお立ち寄り下さい。
 それでは一日、充実したお時間を、そしてご安全に!Stay home and safe. Have a nice day!

| キラリ輝く部員のブログ | 05:17 AM |

NEWEST TOP

HOME

PROFILE

CALENDAR

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

<<前月 2020年05月 次月>>

SEARCH

NEW ENTRIES

■ 監督からのメッセージ (136)

■ キラリ輝く部員のブログ (44)

■ 大会記録 (83)

■ 報徳少林寺乱武留魂太鼓 (6)

■ 年間行事予定 (26)

■ その他 (25)

ARCHIVES

■ 少林寺拳法とは

■ 少林寺拳法リンク

■ 報徳学園

■ 報徳学園リンク

■ 部の沿革

■ 大会記録

■少林寺拳法部連絡板

■ ファイル置き場

OTHER

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん)
Desind by JiA Sales Promotions